災害時における地域建設業の事業継続計画(BCP)


事業内容紹介

弊社は総合建設業の旗手として、多様化、細分化、高度化する建設業界において、長年に渡って培った多岐に及ぶ高い技術力と豊富な経験を存分に活かして、各種工事に取り組んでいます。中国地方整備局における「災害時における地域建設業の事業継続計画(BCP)」認定を受けています。

BCP策定のきっかけ

一番の理由は東日本大震災の発生による災害意識の高まり。「晴れの国おかやま」でも災害発生のリスクがあり、本社社屋は南海トラフ地震が起こった場合、浸水の危険性が高いことを知り、財団が主催した セミナーで事業継続にはBCPが不可欠であることを学んだ。

策定したBCPの内容

就業時間外に震度6の南海トラフ巨大地震の発生を想定。「従業員を守る」「企業存続」「地域復興」「早期の業務再開」、さらに建設業である弊社は、災害時の復旧活動のみならず、事業を継続して地域社会の 一助となるべきと考え、「企業としての責務」を目的に設定。本研修では、業務継続に必要な資源を洗い出すボトルネック調査に、最も苦労した。詳細に調べることで、1つの資源に対して社員のアイディアで コストを掛けずに行う等、複数の方法が発見できた。
現在は、消火訓練、安否確認などマニュアルの内容確認を中心に訓練を行っている。

策定の効果と今後の計画

弱点に対する事前対策ができ、従業員の事業継続に対する認識が高まった。協力企業が、弊社のBCPに賛同し、ボトルネック資源である建機や燃料、備品等、復旧作業についての協定を締結し、 絆を深めることができた。今後は、地域企業に対するBCPの普及活動にも力を入れていきたい。


 中国地方整備局BCP認定証(PDFファイルでご覧になれます)



所在地 :
〒714-0094 
岡山県笠岡市七番町1番地76
TEL : 0865-63-2770(代) /
FAX : 0865-63-1989(代)
Copyright© AMONO SANGYOU All Rights Reserved.